気を付けること

学生ローンを利用するにあたって、気を付けなければならないことがいくつかあります。

まずは、金利です。先ほどから、普通の消費者金融に比べると金利がわずかに低いと述べていますが、本当にわずかなため、普通の消費者金融の金利とそんなに変わらないと感じる方も多いはずです。学生ローンという名がつくからには、かなり低い金利で借りられるのではないかとイメージする方もいると思いますが、15%~18%くらいの金利がつきますので注意してください。

窓口次に、借りられる限度額です。学生ローンも消費者金融のため、貸金業法という法律が適用されます。貸金業法では、年収の3分の1までしか借りることができないと定められているのです。つまり、学生の場合はアルバイトで得た年収の3分の1までしか借りることができず、必然的にアルバイトをしていない人はお金を借りることはできないことになります。

そして最後に、返済方法が限られているということです。学生ローンの返済方法の基本は、銀行振込です。その他には、来店して直接返済する方法、現金書留で返済する方法があります。一般的な消費者金融でよくみられる、ATMでの返済に対応していません。また、来店して返済したい場合は、学生ローン業者と自宅が行き来できる距離である必要があります。お金を借りる前に、返済するときのことも考えて学生ローン業者を選びましょう。最後に借入までの流れについて説明します。